これまでの募集の(トホホな)軌跡(;´д`)

  • 2015.08.20 Thursday
  • 05:21
JUGEMテーマ:里親さがし奮闘中

*現在ミイ・キイ・ピイは、素敵なご家族に家族として迎えていただき、幸せに暮らしています。
コツコツブログを綴ってきて良かったと思います。


これまでの募集の(トホホな)軌跡(;´д`)

 里親募集に関してこれまで、ポスター等を制作して病院や知り合いへ頒布、里親募集サイトに登録、本ブログの制作と維持…と、色々やってきました。

 里親募集サイトに登録後、立て続けに数件の応募がありました。応募をABCDE(各件)とします。

 最初に応募Aがあり、メールでのやり取り後お見合いの話になりましたが、前日にキャンセルとなりました。お話を要約すると「自信がなくなった」と言うことです。私のメールの書き方や、お答えいただいたアンケートの質問が良くなかったのかと色々考えましたが、最初のメールだったので燃え尽きるほど慎重に色々調べて書いたつもりでした。「やるだけやった」と、気持ちを切り替えました。

 続いてBとCの応募がほぼ同時に、次にDとEが続きました。

 BとCは両件共に、こちらから伺ってのお見合い希望だったので、メールでやり取りして日程を決めました。お見合いは掛け持ちで目当ての子猫がかぶっていることを話し、了解を得たつもりでした。
 しかしまたお見合い前日に、B件の先方からキャンセルのメールが届きました。主な理由に「ブログなどを見ているうちに思い入れが深くなってしまった。取り合いをしたくない(要約)」とありました。
 これには胸が痛みました。実際に会えばさらに思い入れは深くなることでしょう。だから会わないでおきたい…という気持ちはわかります。「もうひとりのお見合い相手の方を優先してあげてください」と、辞退されました。
 ところがCも数日前にキャンセルになりました。別の子に決まってしまったとお詫びと報告がありました。別の子の存在は知っていたので「縁がなかった」と思いました。「お幸せに」と返信しました。

 D件は「BとCのお見合い後なので希望に添えないかもしれない、時間がかかるかもしれないので」等言ったところ「諦めます」と返事がありました。相次ぐキャンセルの後急いで連絡を取りましたが、すでにトライアルが決まっていました。

 Eは、メールのやり取りの途中、返信が途絶えました。

 応募以外では2件問い合わせがあり「孫に勧められたが高齢なので辞退」「念のため子供に猫アレルギー検査…陽性が出て辞退」という結果になりました。

 その後、パッタリと応募はなくなってしまいました。

 …何か、呪われている?(笑)
 m(~ ~m)~

 始めたことは最後までやり抜くつもりですが、ここまで続くと気力体力、非常につらいものがあります. *o_ _)oバタッ.
 すみません、愚痴になってしまいました。というか、意図して愚痴ってみました(^_^; なぜなら、こういう裏事情はなるべく出さないようにした方がよいと思っていたところ、娘から「あなたが感じている悲壮感や切迫感が伝わってこない。お気楽に楽しげに保護活動していて、このまま飼っちゃえばいいんじゃない?と思われているよ。だから応募ないんだよ」と言われたからです。
 
 ここまで読んでいただいて、本当にありがとうございます。

 毎日、子猫たちに優しい飼い主さんと幸せなおうちを!と切望しています。

 そして、老猫で病猫の愛猫の残り少ない(だろう)時間を考えると、もっと側にいてあげたいと思っています。
 我こそは、という方、里親さんになってください。また、検討中の方にこのブログをご紹介ください。

 自業自得な我が儘なお願いですが、どうぞよろしくお願いします。m(__)m

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

いらっしゃいませ

保護猫の幸せを願って

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM